井上内科クリニック

井上内科クリニック | 茅ケ崎市矢畑の内科/糖尿病内科/代謝・内分泌内科

24時間ネット受付可能

井上内科クリニック

一般内科一般内科

一般内科について一般内科について

発熱、感冒、咳、痰、頭痛、腹痛、便秘、下痢、倦怠感、足のむくみなど諸症状について、内科一般の診察・検査・治療を行います。

インフルエンザ、風邪、気管支炎、肺炎、花粉症、貧血、喘息、膀胱炎、不眠症などの疾患の治療・管理を行います。

風邪/感冒

鼻や喉の粘膜に感染がおこり炎症を起こします。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。

また、しっかり治さないとその後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、早めの来院で診察を受けてください。また治ったと思って無理をせず、熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザに感染すると、1~5日前後の潜伏期間の後、38℃以上の発熱、頭痛や関節・筋肉痛などの症状が現れます。風邪よりも急速に発症し、症状が重くなることが特徴です。

通常は症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎などの合併症を発症することがあり、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスは感染力が強く、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診、治療することが大切です。

特に高齢の方や種々の合併症を持つ方は、肺炎を伴うなど重症化することがあり、流行前のワクチンによる予防が推奨されています。ワクチン接種を受けた高齢者は、死亡の危険が1/5に、入院の危険が約1/3から1/2にまで減少することが期待できるとされています。現行ワクチンの安全性はきわめて高いと評価されています。

インフルエンザは例年12月~3月にかけて流行するため、それ以前のワクチン接種についてご相談ください。

またインフルエンザは早期発見することで、抗ウイルス薬による治療が行え、治療期間の短縮や重症化の予防につながります。

当院では、高感度技術を用いた最新の検査機器を導入しており、ウイルスが少ない、感染初期のインフルエンザでも早期発見が可能です。

高血圧

高血圧イメージ

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。 これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。

高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。

糖尿病

国民の5人に1人以上が患者か、もしくは予備軍と言われている糖尿病。

主に肥満、運動不足、喫煙などの生活習慣を原因として、血糖値を調整するホルモンであるインスリンの作用不足がおこり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が上がる疾患です。
発症早期、軽症であれば基本的に無症状ですが、長期にわたり無治療で経過すると様々な合併症が進行し、神経・眼・腎臓や動脈硬化性疾患(心筋梗塞・脳梗塞など)を引き起こします。

  • 一般内科
  • 甲状腺内科
  • 生活習慣病
  • 糖尿病内科
  • 睡眠時無呼吸外来
  • 禁煙外来
pagetop